千手観音像

高野山の宿坊ガイド | 上池院の歴史と魅力

上池院の歴史 上池院は高野山開山時(1200年前)に弘法大師自ら開基した寺院でご本尊である千手観音像も弘法大師空海の作であると伝えられる高野山を代表する存在です。 寺内には空海が唐に留学し、戻る際に持ち帰ったと言う沙羅双樹の木があります。また寺宝の中には、この時持ち帰った九鈷杵があり現在は奈良国立博物館にて所蔵されています。 鎌倉時代になると、火災により一時は復興が危ぶまれるほどの被害を受けながら […]